ヨガは自分の身体の状態を知る気づきの一つです

2011年2月5日 10時10分 | カテゴリー: 活動報告

1月24日10時〜11時 上目黒住区でヨガ講座を行いました。

 もともと乳幼児連れの親子と繋がりたくて始めたヨガ。
やってみると自分にぴったりで、奥深く、どんどんはまっていってインストラクターになってしまいました。
初めは産後のお母さんにぴったりと思っていましたが、ストレスを感じやすい方、運動が苦手な方、代謝の悪い方、高齢の方、腰痛、肩こり、疾患のある方などあらゆる方に有効であることがわかってきました。

 心と身体は繋がっているとヨガは考えます。
身体に不調があるということは心にも不調があるということ。
そこまでヨガは見つめていきます。
ヨガを始めてからあらゆる点でヨガの考え方に助けられました。
特に自分を客観的に見られるようになったことは大きいと思います。子どもがだいぶ自立してきたということもありますが、とにかく怒らなくなりました。また極度な緊張をしなくなりました。

  そんなヨガが生活者ネットや生活クラブなど私の周りの方々に伝わるのを願って、今回、初心者コース2回目のヨガを行いました。毎回参加者のその時の身体の状態、日常を聞いてそれにあわせてプログラムを進めます。今回は肩が痛い方、身体が硬いと感じる方が多かったので、柔軟を重視して伸ばして所どころ力を入れていきました。
 皆さん終わって身体が柔らかくなった、意外と硬いところばかりでなく、柔らかいところもあったと気づきがあったようでした。ちょっと緩みすぎたのか、ヨガの後のゆずティーを飲む時はマッタリとなっていました。皆さん活動家なので日頃は交感神経優位ですから緩めたのですが、午後の活動に影響があってはいけませんね。次回は、途中ペアヨガとか入れて楽しんでいきたいと思います。

ありがとうございました。ナマステ    広吉